MOの気になることを適当に伝えるブログ

moNote

C#

C# - 関数・メソッド

投稿日:

C# の 関数とメソッドの説明

メソッド(関数)

関数とは、手続きの固まりのことで、手続きのパラメータとなる引数と処理の結果を返す戻り値を持つことができます。また、クラスの中の関数をメソッドといいます。 

    class a
    {
        public int add(int a, int b) { 
            int x;
            x = a + b;
            return x;     // 戻り値
        }
    }

3行目がメソッド(関数)の宣言になり 外部からも利用できる int型の戻り値を 持つ addという名前の 関数。 引数は int型の a と b を指定して利用するという意味になります。

戻り値は return文で指定します。

戻り値を持たないメソッド

戻り値の型に void を指定すると 戻り値を持たない メソッドを作成できます。 その場合、return文を 省略することができます。

            void disp(int a)
            {
                Console.WriteLine("引数の値は:" + a);
            }

引数を持たないメソッド

引数を何も設定しなかれば 引数を持たないメソッドになります。

            string today()   // 09/28
            {
                DateTime day = DateTime.Today;
                return day.ToString("MM/dd");
            }

外部リンク

マイクロソフトドキュメント:メソッド

-C#
-

Copyright© moNote , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.