MOの気になることを適当に伝えるブログ

moNote

C#

C# - if 文

投稿日:

C# の if文 の説明。

if 文

if文は 条件によって処理を行う時に使います。

if (n > 100)
    Console.WriteLine("Big");

n が 100 より大きい時、「Big」と表示します。

else

else を 使うことで 条件に 合わない時の 処理をさせます。

if (n > 100)
    Console.WriteLine("Big");
else
    Console.WriteLine("Small");

n が 100より 大きい時、「Big」と表示します。
それ以外は、「Small」と表示します。

ブロック

上記の 記述で if や else の 次に1つの処理しか実行できません。 複数の処理を行いときは ブロックを利用します。

            if (n > 100)
            {
                Console.WriteLine("Big");
                Console.WriteLine("Big");
            }
            else
            {
                Console.WriteLine("Small");
                Console.WriteLine("Small");
            }

連続した if 文(1)

複数の条件によって 処理を分けたい時は if 文を組み合わせます。

            if (n >= 0 & n <=9)
            {
                Console.WriteLine("1桁");
            }
            else if (n >= 10 & n <= 99)
            {
                Console.WriteLine("2桁");
            }
            else if (n >= 100 & n <= 999)
            {
                Console.WriteLine("3桁");
            }
            else {
                Console.WriteLine("4桁以上");
            }

連続した if 文(2)

            if (n > 100)
            {
                if (n > 1000)
                    Console.WriteLine("1000より大きい");
                else
                    Console.WriteLine("100~1000の間");
            }
            else
            {
                Console.WriteLine("100より小さい");
            }

-C#
-

Copyright© moNote , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.