MOの気になることを適当に伝えるブログ

moNote

Python

Python - リスト

投稿日:

今回はリストについて

今までは 変数は 1つの変数に対して 1つ値が 格納されるケースで話してきましたが、Python には 複数の値をまとめて利用できる 変数の 型が いくつかあります。

最も汎用的?なのが リスト(list)です。

list(配列)

変数名 = [ 値1, 値2, 値3, ・・・・]

data = [10, 20, 30, 40]

print(data)        
print(data[0])
print(data[3])
[10, 20, 30, 40]
10
40

変数名[n] で n 番目の 値を参照します。 先頭は 0番になります。

次のように途中を改行して記述することもできます。
最後のカンマ(,)は省略可能です。

data = [
    'A', 'B',
    'C', 'D',
    'E',  
    ]

数値と文字など 違う データ形式も 混在できます。
ただ、通常は同じ型のみを使うと思います。

data = [10, 'A', 30, 'abc']

スライス

data = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]
#      [0][1][2][3][4][5][6][7][8]

print(data[2:5])      # data[2] ~ data[4]
print(data[:3])       # data[0] ~ data[2]  先頭から
print(data[7:])       # data[7] ~ data[8]  最後まで
print(data[1:7:2])    # data[1], data[3], data[5]  1つ飛ばし
[3, 4, 5]
[1, 2, 3]
[8, 9]
[2, 4, 6]

変数名[ 開始 : 終了 : 増減値 ] の形式で 要素が取り出せます。
終了は その1つ前になるので 注意。

次のように後ろからも指定可能

data = ['A', 'B', 'C', 'D', 'E', 'F', 'G']

print(data[-1])      # 最後 'G'
print(data[-3:-1])   # 最後から3番目~最後から1番目
G
['E', 'F']

次のように指定すると 要素を可変的に操作できます。

data = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7]

data[1:6] = ['A', 'B']

print(data)
[1, 'A', 'B', 7]

data[1] ~ data[5] までを ['A', 'B'] に置き換えています。

要素の結合と追加

data = [1, 2, 3, 4]

data = data + [5, 6] # 結合  [1, 2, 3, 4, 5, 6]
data += [7, 8]       # 結合  [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8]
data.append(9)       # 追加  [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

print(data)     
[1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

要素の削除

data = ['A', 'B', 'C', 'D']

del data[1]

print(data)
['A', 'C', 'D']

要素を 置きかえることで 削除することもできます。

data = ['A', 'B', 'C', 'D']

data[1:3] = []     # data[1] ~ data[2] を 削除

print(data)
['A', 'D']

その他

全ての要素へのアクセスは for 文が便利

data = ['A', 'B', 'C', 'D']

for n in data:
    print(n)
A
B
C
D

要素の数は組込み関数 len() を用いて求めます。

data = ['A', 'B', 'C', 'D']

print(len(data))      # 4

だいたい、こんな 感じかな。

-Python
-

Copyright© moNote , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.